《乱歩の世界》何でも掲示板
名前
メールアドレス(入力禁止)
表題 

LINK(入力禁止) 
 
【注意】スパム書込防止のため、[URL(LINK)]と[メールアドレス]の入力を禁止します。また本文のURL記入も3つまでとします。
(旧)何でも掲示板過去ログ |・|  過去ログ閲覧  |

No[1854][Subject] 乱歩の世界20周年 2019/02/17[日]-15:18:26 この書き込みにレスを
  アイナット  
今日で開設20年目を迎えました。思い出深いので、20年周年の記念書き込み。

Re:[1854][Subject] ずいぶん遅れましたが 2019/02/19[火]-20:04:57
  小笠原功雄  
成人おめでとうございます(笑)
Re:[1854][Subject]  2019/02/19[火]-22:00:17
  アイナット  
小笠原さんありがとうございます。
ようやくお酒が飲めます(warai)

No[1853][Subject] そういえば灯台下暗し(オイオイ)世界推理短編傑作集〜 2019/02/13[水]-22:28:17 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
の名の下に乱歩ファンならだれでも知ってる乱歩編、世界短編傑作集全五巻(創元推理文庫)が昨年から新版発行中で最新第4巻がちょうど発売されたばかりです。改めて読む世界名作短編の古典は外れなく面白いです。


No[1852][Subject] 観ました2018年12月30日夜のBSプレミアムは乱歩 2019/01/03[木]-12:19:00 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
という訳で、感想ですが先ず「深読み読書会「孤島の鬼」」そうか、乱歩の読まれざる(知られざる)代表作だったのか(笑)、と今更ながら再認識。あえて上から目線で(笑)番組内で出なかった面を指摘するなら、名探偵に長編は長過ぎる(推理が遅過ぎる)ことを感じていた乱歩の一つの回答だったのかもしれない。
で、メインイベント「満島ひかり×江戸川乱歩」三本立てドラマです。これまた今更ながら(笑)、このシリーズ乱歩の最大の魅力「語り口」を如何にして映像で活かすかに取り組み続けている演出で他の乱歩の映像化作品とは異彩を放ち独自性を誇っているんですね。


No[1851][Subject] 2018年12月30日夜のBSプレミアムは乱歩 2018/12/22[土]-00:43:24 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
午後10時30分からはシリーズ深読み読書会「孤島の鬼」
こちら
続いて11時30分からは「満島ひかり×江戸川乱歩」シリーズ第3弾で一挙三本立てのようです。
こちら
こちら


No[1850][Subject] 河出書房新社よりレトロ図書館シリーズ「死美人」 2018/12/15[土]-20:36:25 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
例によって久し振りに神保町に行ったら目についたのが、ちょっと豪華目の本で、黒岩涙香 作。江戸川乱歩「訳」。紹介文が「あのガボリオが生んだルコック探偵を主人公にボアゴベーが書いた小説を黒岩涙香が翻案、それをさらに乱歩が現代語訳し解説も書いた豪華版!」ってなんかややこしいですが(笑)。


No[1849][Subject] 乱歩の誕生日にちなんで?無駄話を一席 2018/10/21[日]-21:16:30 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
本日放送のアニメ「サザエさん」で、読書ネタで、ホームズは読みましたか、江戸川乱歩は?、クリスティーは?てなwセリフがサザエさんからありました。かなりこじつけでした?(笑)


No[1848][Subject] 録画しておいたNHKの「偉人たちの健康診断」を観ました 2018/09/27[木]-21:41:06 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
テーマは「江戸川乱歩」の人生を現代医学の目で読み解きます。と称して「なんかうさんくせーなー」(笑)と最初は思ったのですが。研究家のかの、中相作氏が登場してレンズ嗜好や転職、引越を語り、小松史生子氏も出演して、時代の新しい風俗を舞台にして大衆に受けた点を語らせたりはなかなか(←なぜ上から目線)、「人は怖いものをなぜ楽しむのか」という蘊蓄というか医学解説はどうでもよかったのですが 後半、特に少年探偵シリーズ、なかでも怪人二十面相に焦点を合わせたのは、「21世紀は二十面相LOVE」を標榜する私としては好感が持てました(笑)。


No[1847][Subject] 先のNHK特集で「駅の子」が話題となりました。 2018/08/18[土]-10:10:00 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
NHKの敗戦スペシャル番組が色々放映されて各々話題が流れておりますが、戦災孤児で浮浪児となった子供達がようやく証言し始めた。という流れですが、昔の子供向け漫画やアニメ、読み物には、当たり前のように描写されていましたね。という流れで、もうお判りでしょうがかの乱歩も少年探偵シリーズで「チンピラ別動隊」を活躍させていましたね。あれも乱歩からの、大人としての彼らに対する贖罪だったのかもしれない。


No[1846][Subject] 乱歩の命日ではございましたが 2018/07/28[土]-17:51:57 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
なんとも全国的に台風で不穏な状況で、乱歩ファンの皆様もお気をつけて。


No[1845][Subject] 「乱歩謎解きクロニクル」(言視舎)中相作 、という本が 2018/05/20[日]-08:38:48 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
またまた古い情報で申し訳ないですが、かの中相作氏が、乱歩はなぜ自伝を執筆したのか、という観点から考察した評伝集。皮肉にも戦時中の休筆と翼賛活動で社交的となった乱歩が戦後、乱歩から「探偵小説の鬼乱歩」になるべく自ら採った方法は創作ではなく、回想記だった。


 
乱歩の世界トップ

W-Board type C