《乱歩の世界》何でも掲示板
名前
メールアドレス(入力禁止)
表題 

LINK(入力禁止) 
 
【注意】スパム書込防止のため、[URL(LINK)]と[メールアドレス]の入力を禁止します。また本文のURL記入も3つまでとします。
(旧)何でも掲示板過去ログ |・|  過去ログ閲覧  |

No[1977][Subject] 「乱歩先生とわたし 掘彭犬世修Δ任瓦兇い泙后 2020/07/30[木]-00:00:12 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
20/07/30[木]-20/08/05[水]東武百貨店 池袋店 6F1番地 美術画廊
池袋を代表する文化人であり、ミステリー作家の江戸川乱歩の小説を題材に、現在活躍中の美術家・イラストレータの方々が描きおろしました作品をご紹介。今も変わらず愛されている乱歩作品を通して、アートを身近にお楽しみください。
だそうです(書いてる私も今知ったばかりでよく分からない笑)。
こちら


No[1976][Subject] 江戸川乱歩の命日でしたね。 2020/07/28[火]-22:02:51 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
今年は、コロナウイルス禍で乱歩関連が¥イベントがなかった、という点で記録より記憶に残る年となるかもしれませんね。


No[1975][Subject] ドラマ探偵由利麟太郎「マーダー・バタフライ」後編観ました。 2020/07/14[火]-23:26:55 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
乱歩とは関係ありませんが。「蝶々殺人事件」を2回に分けて。原作の本格ものストーリーを逆に他の由利先生ものの耽美な愛の雰囲気で脚色していました。かなり巧くやっていたとは思いましたが、やはり現代ものにしてしまうと・・・どうかなあ。というか細部をどうこう言うより吉川晃司のカッコよさで全話押し切った、ということですかね(笑)。


No[1974][Subject] ドラマ探偵・由利麟太郎は、次回から 2020/06/30[火]-22:14:35 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
最後の二回、前後編で代表作「蝶々殺人事件」をやるそうです。今回の演出が現代を舞台に、サイコスリラーに仕立てていたので、原作は知る人ぞ知る「本陣」と対照的にクリスティやクイーン風に作られている本格ものですからかなり脚色しそうです。大分前に二時間ドラマ枠で石坂浩二が由利先生で「蝶々」をやったことがあったんですけれどあんまりおもしろくなかったのです。原作ネタバレになるから言いにくいけれど最初の死体の出方は劇的で有名ですけれど、その他のトリックとプロットが叙述向けで映像向けでなかったせいか?ドラマでは上手く生かされていなかった。さて今度はいかがかな?。


No[1973][Subject] アイナットさんが甲賀三郎の本を! 2020/06/30[火]-14:51:33 この書き込みにレスを
  むかし《乱歩の世界》何でも掲示板でお世話になった者です  
忙しくて久しく乱歩とかミステリーのサイトを見てもいなかったのですが
「名張人外境」にこのブログの紹介があって、そこを読んでいたら
アイナットさんの本名が!しかもアマゾンを見たら甲賀三郎の本の制作に加わっておられたとは・・・。

こちら

こちら

むかしこの掲示板がにぎわっていた頃、毎日楽しみに見ていた小生としては懐かしくてなんとも感慨ぶかいものがあります。甲賀、早速買って読みます。


上のブログで書かれていたpikamakっていう古本を買い占めている人間、まだヤフオクの画面でID表示が匿名になる前に、小生がなにかミステリーの古本を買おうとするといつも妨害されるのが、このような毎日ヤフオクでの出品を監視していそうな連中でした。今もかわらないのでしょうね。


No[1972][Subject] 探偵・由利麟太郎は 2020/06/30[火]-10:25:34 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
5話の短期連ドラで「吉川晃司カッコイイ」で押し切っちゃうみたいですね。私は吉川晃司のアイドル時代の生意気振りがいまだw記憶に残っているので昨今の大河ドラマとかこんな渋い役やるようになったのが信じらんない、とその印象が大きくて、偏見が強くて(笑)。


No[1971][Subject] アニメ版「啄木鳥探偵處」第十二話「第十二首蒼空」観ました。 2020/06/29[月]-23:51:24 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
やはり最終回、啄木最後の事件、はオリジナルでやはり連続不正告発状事件の真相、とびきり意外な人物が絡んでいました。細かいことはともかく、まずまず(←えらそーに)しっとりとした味わいでした。アニメーション自体はやや粗かったかな。そうそう最後はレギュラー全員顔出しで平井太郎クンも団子坂を舞台にした小説を構想中だそうです(笑)。


No[1970][Subject] アニメ版「啄木鳥探偵處」第十一話「第十一首逢魔が時」観ました。 2020/06/22[月]-23:43:38 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
やはりほぼ原作通り、誘拐というか神隠しものです。原作があるので詳しくはネタバレしませんが。アニメ版は、啄木が衰弱から回復しないまま、金田一京助さん達に事情聴取をしてもらい事件の捜査、推理、啄木本人は並行して、不正告発状事件も密かに捜査しているという脚色がついています。次回「第十二首蒼空」だそうです。第十二回となると締めかな。



No[1969][Subject] 乱歩とは直接関係ありませんが、今晩から「探偵・由利麟太郎」です。 2020/06/16[火]-16:57:29 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
フジテレビ毎週火曜日夜9時です。角川文庫が宣伝帯付けて由利先生ものを増刷していたのですが、由利先生を演じるのは誰だっけ?・・・そうそう吉川晃司です。いつの間にか時代が変わったんですなあ(笑)。

Re:[1969][Subject]  2020/06/16[火]-16:59:20
  小笠原功雄  
ちなみに私も、今日の昼まで、放映開始が今晩だと気付かなかったのです。
Re:[1969][Subject]  2020/06/21[日]-11:34:15
  ななこ  
小笠原さま
録画したのを観ました。
由利シリーズは中学生の頃一冊読んだだけで、内容は殆ど記憶していません。御子柴君が出てきたような・・・
「観察」というより、あれは超能力やんと思いましたが、家族のどろどろとか、マッドサイエンティストとか、古き良き探偵物の雰囲気は楽しめました。
啄木のアニメも最近になって、一話分をやっと観ました。絵が綺麗で、雰囲気は悪くないかな?

Re:[1969][Subject]  2020/06/22[月]-15:20:27
  小笠原功雄  
「由利先生もの」の代表作にして最後の登場作品こそ「蝶々殺人事件」なんですよねえ。今回の件wをきっかけに久し振りに読んだらほとんど筋忘れていました。今読むと、無駄のない本格推理ものですが独創性や構成の緻密さがやや物足りないかな、横溝長編らしいケレン味や見立ても抑えられ、皮肉にも今回のドラマの演出に使うには理屈っぽくて無理かな?でも、かの坂口安吾には「本陣殺人事件」よりこっちを高く評価している書評があるのですよね。

No[1968][Subject] アニメ版「啄木鳥探偵處」第十話「第十首幾山河」観ました。 2020/06/16[火]-16:50:45 この書き込みにレスを
  小笠原功雄  
オリジナルストーリーで、今回は衰弱した啄木が右往左往し、金田一京助が「僕が君を守る」宣言して続くだけで事件や推理はなし。次回は「第十一首逢魔が刻」おっとこれは原作があるエピソードで誘拐事件です。そこに不正の告発状事件がまたからむようです。


 
乱歩の世界トップ

W-Board type C